鉄道知識
Railway knowledge


は行

名称バッテリー
別名「鉛蓄電池」ともいう。
主にエンジンなどで発生したエネルギーをバッテリーに
充電し、機器類のON/OFFに使われる。

写真は関東鉄道の車両に搭載されているバッテリー。
6Vのバッテリーが4個直列に繋がれて使用されている。

名称VVVFインバータ
画像なし 直流を電源として三相交流に変換する装置。
GTO素子とIGBT素子の2種類がある。
GTOは制御する部分に2個の素子を使用し3段階の電圧波
形を実現。IGBTはモータへの電圧と周波数の変調が異なる
為、モータ音が滑らかになり加速性能も向上している。

GTO使用車→京浜東北209系、総武横須賀E217系など
IGBT使用車→E231系、東急5000系、東武50000系列など

名称変速機
加減速や後退するときに必要不可欠な装置。変速機の
ことを車ではトランスミッション(T/Mとも略)、欧米諸国では
ギアボックスとも言うこともある。

変速機の種類はMT、AT、CVTがあるが、ディーゼルエン
ジンとの組合わせではMTが圧倒的。近年はATも徐々に
普及しつつあるが、CVTとの組合わせは技術的な課題と
なっている。

写真は関東鉄道用で、変速1段で直結2段。

名称ホロ
列車の車両間にある覆い。貫通幌と外幌の2種類がある。
貫通幌は国鉄型車両で見ることができ、編成の先頭から
他の先頭車両へ移動する際に見受けられる。

民営化以降、先頭車両に関してはホロではなく自動解結
装置を備えているものや、ホロはあっても通り抜け禁止
になった車両がある。